世帯年収300万円台の子持ち専業主婦家庭でもマイホームは建てられるけれど。

 

一定レベルの情報リテラシーがある方からすれば「え、ありえない!」という話かもしれませんが、世帯年収が300万円から400万円ほどのご家庭(夫一馬力・妻専業主婦・子持ち)でも結構普通に家建ててますよ、この辺りでは。

 

 

「お金の話をするのははしたない」の精神とは真逆。

 

地域柄でしょうか、モチ子の暮らす地域ではわりとお金に関する会話がオープンにされます。

 

「うちの住宅ローン2,700万円なんだー」

 

と聞いてもいないのに教えてくれる知り合いや、

 

「ここの土地いくらだった?」

 

とモチ子に聞いてきた見知らぬおばさんもいました。

 

 

年収についてはそこそこ親しい間柄であれば、普通に会話の中で出てきちゃう感じです。

 

こんな地域柄において、モチ子は比較的だんまりお口にチャックタイプのつもりでしたが、「モチ子のお金事情を大公開」なんてタイトルのブログやっている時点で、だいぶオープンですよね。笑

 

ただ、家づくりに関する様々な費用を赤裸々に詳細に綴っている当ブログですが、もしモチ子を知る人に身バレしてしまったところで、そんなに困ることないよなーと思っています。

 

だって高収入でもないから嫉妬されることもないだろうし、見た方からすれば「へー」で終わりのブログだと思うのでね。

 

ザ・自己満足家づくりブログです。ウフ♪

 

 

低所得でも家は建てられる、建てるだけならば。

 

そんなわけで(どんなわけ?)、モチ子の暮らす地域は田舎なので給与水準は低めです。

 

世帯年収300万円台なんてザラにいます。もうザラザラですよ。

 

それでも持ち家率高いです。

 

田舎なので、当然マンションではなくみんな戸建て。

 

マンションなんて需要もありませんし、供給もありません。

 

田舎ならマイホーム建てるったって、どうせ土地は親から貰った土地なんでしょ?と思われるかもしれませんが、案外皆さん田舎なりに便の良い土地を購入します。

 

義実家との敷地内同居(別居?)や近居を避けたい人も多いですし。

 

収入が少ないのにマイホームを建てられるということは、資産持ちだったり親の援助があるのかというとそうでもありません。

 

ではなぜ建てられるのかというと、

 

 

無知だから

 

 

です。

 

みんな結婚すると若くても家を建てるのが普通の土地柄なので、大して疑問も持たず不安も抱かずに家を建てられるのです。 

 

みんなで建てれば怖くない!じゃないですけど、マイホームを持つことへの精神的な壁が低いんですよ、この地域は。

 

そして変動金利を選ぶ人がめちゃんこ多いです。

 

と言いますか、毎月の返済額を考えると固定金利では借りられない、という消去法的な理由で選ばれただけなのですが。

 

変動金利じゃないと住宅ローンを返済していけないような人たちが当たり前のように家を建てるのを見て「あ、そんなもんか」とまた別の人が建てる。

 

これも一種の集団同調性バイアスかな?

 

ま、お財布の紐がゆるゆるな人が多い方が経済は回るし、住宅ローンの返済が滞ることさえなければ誰にも迷惑はかかりませんから良いのですが、モチ子にはできない生き方だなーと感じます。

 

 

きっと当分金利は上がらない!(って営業さんが言ってた。)

 

変動金利を選ぶ人の方が多い!(ってテレビで見た。)

 

とか、どんだけ素直?どんだけ純粋?

 

 

いや、無知ですわ。

 

 

自分の頭の中で色々検討したうえでの変動金利選択なら何も言うことないし、むしろ一緒に住宅ローン返済頑張ろうぜ!という気待ちなのですが、周りがそんな感じだからーという理由はちょっと・・

 

いや、所詮他人事なんですがね。

 

 

無知って最強。

 

キャッシュで購入した場合を除き、マイホームを建ててしまえば、あとは住宅ローンを返済し続けていくしかありません。

 

他の支出を削っても、住宅ローンの返済が滞ってはいけません。

 

アパート住みの頃に比べ光熱費が上がっていたとしても、これも支払わないわけにはいきません。(ワラビモチ家はマイホームの方が光熱費安くなりましたが。)

 

となると大抵の場合、レジャー費などの削りやすい項目から支出を抑えていくことになります。

 

通信費などの固定費は、今やマイホーム取得の有無に関わらず真っ先に見直される支出項目なのでここではスルー。

 

 

ま、住居費(固定資産税含み)と光熱費の増加分、必ず何かを減らして帳尻を合わせないといけませんが、他の支出を絞れるのなら収入が少なくても家は買えるのです。

 

でも外食と旅行が大好きなモチ子に、外食費とレジャー費を抑えろ!と言われても120%無理です。

 

だったら一生賃貸で良いですわ。

 

 

話は変わって、住宅ローン完済にまた一歩近づきました!

 

先日約10万円ほど繰上げ返済しましたが、償還予定表にもきちんと反映されまして、返済終了予定月が平成60年(2048年)11月から平成60年9月へと2ヶ月短縮されていました。

 

毎月の返済額(66,803円)は変わらずこれまで通りです。

 

借入金残高は21,171,063円となりました。

 

約3年前フラット35Sにて2,400万円の住宅ローンを組んだ際には、平成62年(2050年)7月に返済終了予定でした。

 

同じモーゲージバンク内での借り換えや4度の繰り上げ返済を経て、少しずつ借入金残高は減り完済時期も短くなっています。

 

う、嬉しす。

 

本当にちびちび少額ずつの繰り上げ返済なので道のりはまだまだ遠いですが、まずはワラビ君が60歳になるまでに完済できるよう更なる繰り上げ返済に励みたいと思います。

 

でも無理はしませんよ、レジャー費はケチりたくないので!

 



自己紹介

 

iPhoneImage.png

 

30代のモチ子と申します。

 

27歳で結婚し、夫のワラビ君の浪費癖(もちろん貯金ゼロ)によろめきつつも、ダブルインカムの油断と忙しさから、家計の見直しをすることなくここまで来てしまいました。

 

3人の子供に恵まれ、マイホーム新築により2,400万円の住宅ローンを組み、遅ればせながらやっと「家計やばいんでない?」と気づいた次第です。(遅)

 

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ    

 

↓マイホームに関する情報が盛り沢山!
にほんブログ村テーマ 新築一戸建てへ
新築一戸建て

 

↓リアルなお金の話はかなり参考になる!
にほんブログ村テーマ 家にまつわるお金の話へ
家にまつわるお金の話

 

↓長いお付き合いになるので最初が肝心!
にほんブログ村テーマ 住宅ローンへ
住宅ローン

 

スマホ版

関連コンテンツ

カテゴリ

月別アーカイブ

記事検索

others

スポンサーリンク