年度途中で職場を去る勇気。同僚の負担が増えるのは申し訳ないが、結局自分が一番大事という本音。

 

よく結婚する時より離婚する時の方が大変と聞きますが、仕事も同じですね。

 

 

円満退職とは程遠いモチ子の退職事情。

 

退職について上司と話を詰めた後は、同僚にもその旨を伝えねばなりません。

 

これが超キツイ!

 

異動してきたばかりでまだ人間関係が構築できていない状況で早々に「仕事辞めます」と言うわけですから、職場の空気が悪くならないわけがないですよね。

 

あー、言いづらい!

 

後任が見つかるまでは全力で業務に取り組み、後任が見つかったら時間をかけて完璧に引き継ぎ、会社に極力迷惑のかからないタイミングで立つ鳥跡を濁さず退職するのが理想でしょうが、そこまで配慮できる余裕のある人はそもそも退職する必要性が低いのだと思います。

 

やりたい仕事が他に見つかった等の前向きな理由による退職でない限り、そこまで周りに配慮できる余裕がないからこそ退職を決意するに至るわけでして、その場合には円満退職なんていうのは不可能なのです。

 

もちろん辞める側としては退職日を迎えるまでは出来る範囲で最大限の努力をするべきですが、いくら頑張ったところで辞められる側(会社・同僚)からすれば裏切り者に他なりません。

 

誰かが辞めれば、その分の仕事は他の誰かが負担することになります。

 

不満が起きないわけがないですよね。

 

 

試練の時、同僚への退職の報告。

 

正直、課長に辞めたいと伝えた時よりも緊張しました。

 

モチ子が退職することによる被害をダイレクトに受けるのは、課長ではなく同僚達ですからね。

 

しかも同僚といっても、今月出会ったばかりのまだ打ち解けていない関係性希薄な同僚達ですから、さらに言いづらい。

 

勇気を出して、まずはモチ子に主に業務を教えてくださっている男性の先輩に伝えました。

 

先輩はかなり驚いていましたが「決断するの早すぎるんじゃない?とは思うけど、たしかに家庭持ちの女性社員には過酷な部署だと思うから辞めたい気持ちはよくわかる。」と言ってくださいました。

 

 

罵られなくて良かった、ほっ。

 

 

同じ係の方(私の退職で影響が出る方)には報告しましたが、それ以外の方にはまだ伝えていません。

 

退職日までまだ結構日数があるので、伝えるにはまだ早すぎるからです。

 

と言っても人の口に戸は立てられませんから、モチ子が気づいていないだけで噂が広まっているかもしれませんが。

 

 

今回モチ子が職場に迷惑をかけることを承知のうえで退職を決めたのは、たまたま職場が一緒になっただけの同僚よりも自分(と家族)が一番大事という自己中心的な考えがあったからです。

 

人間誰しも「人から良く思われたい」とか「人から嫌われたくない」という感情がありますが、おそらくモチ子は他の人よりもこの感情が少なめです。

 

だからこれだけ迷惑なタイミングで辞められるのです。

 

自分が可愛いから。

 

 

ワラビ君に「モチ子の豆腐メンタルじゃ耐えられないから仕事辞めていい?」と相談した時、「辞めるのは良いけど豆腐メンタルではないと思うよ」と言われました。

 

おかしいなー、自称豆腐メンタルなのですが。

 

皆さんもあまり周りに気を使いすぎず、もう少し自己中心的に振舞っても良いと思いますよ。

 

心身の健康を損なってまで仕事を頑張っても、会社は「そこまで自分を犠牲にして会社のために頑張ってくれてありがとう!」なんて褒めてはくれませんから。

 

また、逃げるように退職したところで、数日間はあることないこと噂されたり悪口を言われるかもしれませんが、すぐに過去の人になります。

 

 

モチ子は「退職に伴う苦痛」より「働き続ける苦痛」の方が断然大きかったので仕事を辞めることにしました。

 

退職することを同僚に公表してから退職日を迎えるまでの期間(今現在)は針のむしろ状態で精神的に非常にキツイですが、社畜卒業という輝かしい未来のために踏ん張って出勤します。

 

ちなみに有給休暇の全消化などは全くさせていただける雰囲気にないので(さすがのモチ子も大迷惑をかけている自覚はありますし)、未取得の38日と4時間はドブに捨てる予定です。

 

有休の買い取りという気が利いた仕組みも当社にはありませんので。

 

 

【気まぐれ掲載】ワラビモチ家の住宅ローン借入金残高を大公開!

 

現在・・

 

【借入金残高】20,711,359円 なり。

 



自己紹介

 

iPhoneImage.png

 

30代のモチ子と申します。

 

27歳で結婚し、夫のワラビ君の浪費癖(もちろん貯金ゼロ)によろめきつつも、ダブルインカムの油断と忙しさから、家計の見直しをすることなくここまで来てしまいました。

 

3人の子供に恵まれ、マイホーム新築により2,400万円の住宅ローンを組み、遅ればせながらやっと「家計やばいんでない?」と気づいた次第です。(遅)

 

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ    

 

↓マイホームに関する情報が盛り沢山!
にほんブログ村テーマ 新築一戸建てへ
新築一戸建て

 

↓リアルなお金の話はかなり参考になる!
にほんブログ村テーマ 家にまつわるお金の話へ
家にまつわるお金の話

 

↓長いお付き合いになるので最初が肝心!
にほんブログ村テーマ 住宅ローンへ
住宅ローン

 

スマホ版

関連コンテンツ

カテゴリ

月別アーカイブ

記事検索

others

スポンサーリンク